勝利のラクロスコーチング

ラクロスコーチングのサクセスストーリー! (になればいいなぁ)

クレードルとは?③

指クレードル

今回は指クレードルの強化方法についてお話しします。

以下は僕が指クレードル強化のために選手たちに伝えていることです。


指クレードルの強化方法

片手でクロスを扱う訓練をすることです。
ヒマさえあればクロスにボールを入れて片手で細かいクレードルを行なってください。片手でパスキャするのも効果的です。上からだけじゃなく下から投げたり、片手キープの状態からすぐに投げる態勢に持っていってから投げたり、なんなら片手でクレードルしながらクロスの長さを片手だけで変えてみたり等、バリエーション増やして投げてください。当然左右どちらもです。


以上です。


また、この指クレードルの話をするときにはもうひとつ別の話もします。


それが以下の話です。
実は選手たちにとってはこの話のほうが興味深いので、僕にとってはこの話を一緒にすることのほうが重要です。


以前、日本代表選手と練習したときに彼らにある共通点があることに気づきました。
それは「片手で投げるレベルが高い」ということです。何気ないボール拾いからの片手パスや、片手でのキャッチなど、やろうと思えば片手だけで普通にプレーできるレベルでした。
彼らが「指クレードル」を重視していたことからも、片手プレーはクロスワーク向上のためにいい練習かもしれません。

ニクリーチでは、人事とおニクを囲みながら、
普通の就活では出来ない深い会話、
そして深いコネクションを作ることが出来る。

 


これは僕がなんとなく感じたことなので正しいかどうかはわかりません。ただ、日本代表レベルまでいくような選手は少なからずクロスワークはとても高いレベルにあります。問題は、そのクロスワークは「どんな力によって生み出されているか」ということです。
僕はこの力は「指クレードルの力」だと思っています。握力ではなく指力です。
クロスを操る最後の微調整はやはり指です。この指を鍛えることはラクロスの技術向上のためには欠かせない要素だと思うのです。

ワンランク上のリゾートバイト!